第2章 章末テスト Oracle Databaseのインストールおよび Databaseの作成

■2-1.Oracle Universal Installer(OUI)を使用して、できることを5つ選択すること。


a. マシンにインストールされているOracleソフトウェアの表示
b. データベースの新規作成
c. 新しいOracleソフトウェアのインストール
d. Oracleソフトウェアの削除
e. インストールに関するオンラインヘルプの表示
f. インストール前の前提条件のチェック
g. テンプレートの管理





解答 a,c,d,e,f
解説 b. データベースの新規作成は、DBCAの機能である。OUIでデータベースの作成にチェックを入れた場合、内部的にDBCAが呼び出される。
  g. テンプレートの管理は、DBCAの機能である。

■2.2 DBCAのテンプレートの説明について、正しいものを2つ選択すること。

a. データベースの作成に必要な情報が含まれているSQLスクリプトファイルである。
b. データベースの作成に必要な情報が含まれているXMLファイルである。
c. テンプレートは$ORACLE_HOME/assistants/dbca/templatesに格納される。
d. テンプレートを使うと、すべてのデータファイル、REDOログファイルの名前やサイズが同じくローンのみを作成できる。





解答 b,c
解説 a. DBCAのテンプレートは、データベースの作成に必要な情報が含まれているXMLファイルである。
  d. テンプレートを使用しても、設定は変更できる。

■2_3. 環境変数の説明として、正しいものを3つ選択すること。


a. ORACLE_SIDは、インスタンス名+グローバル・データベース名を指定する。
b. ORACLE_SIDは、インスタンス名を指定する。
c. ORACLE_HOMEには、Oracle実行ファイルがインストールされ、ネットワーク関連ファイルは、ユーザが別途指定した場所にインストールされる。
d. ORACLE_HOMEは、Oracleソフトウェアを格納するディレクトリである。
e. ORACLE_SIDとデータベース名は、別の名前にすることが望ましい。
f. ORACLE_SIDとデータベース名は、同じ名前にすることが望ましい。





解答 b,d,f
解説 a. ORACLE_SIDは、インスタンス名を名を指定する。
  c. ORACLE_HOMEには、Oracle実行ファイルおよびネットワーク関連ファイルが格納されている。
   e. ORACLE_SIDとデータベース名は、同じ名前にすることが望ましい。

■2_4.Oracle Inventoryディレクトリの説明について、正しいものを2つ選択すること。


a. はじめて、インストールする時だけ、必要である。
b. インストール後に削除することができる。
c. Oracleにソフトウェアのインストール情報を格納するディレクトリである。
d. インストール時に使用する一時的な領域であるため、あらかじめ作成していない場合は、内部的にTempディレクトリが使われる。
e. 全てのOracleソフトウェアで参照し、共有される。





解答 c,e
解説 Oracle Inventoryディレクトリには、Oracleソフトウェアのインストール情報が格納されている。
最初にソフトウェアをインストールする時に設定し、その後もそのコンピュータにインストールされているOracleソフトウェアを管理するために使用される。

■2.5 Oracle Universal Installer (OUI)の説明について、正しいものを1つ選択すること。


a. インストール中にデータベースを作成しないこともできる。
b. Oracleソフトウェアを削除することはできない。
c. インストール中に作成されるデータベースは、テスト用データベースであるため、本番用データベースはあらためて、作り直す必要がある。
d. Oracleデータベースの動作に必要なオペレーティングシステムの環境変数をあらかじめ設定していない場合は、前提条件チェックを満たしていないとみなされ、エラーが表示される。





解答 a
解説
b. Oracleソフトウェアを削除できる。
c. インストール中に作成されるデータベースをそのまま使用できる。データベース作成後に変更を加えることもできるため、改めて作り直す必要はない。
d. Oracleソフトウェアを削除できる。データベースの動作に必要なオペレーティングシステムの環境変数をあらかじめ設定しなくても、エラーにはならない。

■2.6 Oracle Universal Installer(OUI)が行うインストール前の前提条件チェックについて、正しいものを2つ選択すること。


a. インストールの前提要件は、実行しているコンピュータおよびオペレーティングシステムのタイプによって、異なるので、共通のチェック項目はない。
b. 十分なページング(スワップ)領域が利用可能であること。
c. 物理メモリが2GB以上使用可能であること。
d. ネットワークの速度が1Gbps以上であること。
e. オペレーティングシステムの適切なサービスパックまたは、パッチがインストールされていること。





解答 b,e
解説
a.インストールの前提要件は、実行しているコンピュータおよびオペレーティングシステムのタイプによって、異なるが、共通の前提条件チェック項目もある。
c.物理メモリの要件は、1GB以上である。
d.ネットワーク速度の要件は、ありません。

■2.7 環境変数ORACLE_HOMEの説明について、正しいものを3つ選択すること。


a. Oracleソフトウェアをはじめてインストールする時に、Oracleホーム・ディレクトリを指定すればよく、追加で他のOracleソフトウェアをインストールするときは、最初に指定した場所を使用する。
b. Oracleソフトウェアを新しくインストールするたびに、新しくOracleホーム・ディレクトリを指定する必要がある。
c. デフォルトは、Oracleベースディレクトリのサブディレクトリになる。
d. Oracleソフトウェアのインストール前にかならず指定しておかなければならない。
e. Optimal Flexible Architecture(OFA)用のOracleディレクトリ構造のベースを指定する。
f. Oracleソフトウェアを配置するディレクトリを指定する。





解答 b,c,f
解説
a.Oracleソフトウェアを新しくインストールするたびに、新しくOracleホーム・ディレクトリを指定する必要がある。
d.環境変数の設定は、インストール前の必須事項ではない。
e.これはORACLE_BASEの説明である。

■2.8 DBCAでデータベースを作成した場合の記憶域オプションについて、指定できるものを2つ選択すること。


a. ファイルシステム
b. OMF
c. 自動ストレージ管理
d. 自動メモリ管理





解答 a,c
解説 DBCAでデータベースを作成したい場合に選択できる記憶域オプションは、ファイルシステムおよび自動ストレージ管理(ASM)である。

■2.9 DBCAのテンプレートの説明について、正しいものを2つ選択すること。


a. 事前定義テンプレートとして、デフォルト・データベースを選択すると、全てが標準的に設定されたデータベースを作成できる。
b. 準備されているテンプレートには、汎用またはトランザクション処理、カスタム・データベース、大規模データベースがある。
c. カスタム・データベースを選択すると、より複雑な環境に対応したデータベースを作成できる。
d. 準備されているテンプレートには、汎用またはトランザクション処理、カスタム・データベース、データ・ウェアハウスがある。





解答 c,d
解説
a.事前定義テンプレートにデフォルト・データベースはありません。
b.準備されているテンプレートは、汎用またはトランザクション処理、カスタム・データベース、データ・ウェアハウスである。

■2.10 非常に複雑な多数の問合せを実行して、大量のデータを処理するためのデータベースを作成したい場合に、最適なテンプレートを1つ選択すること。


a. データ・ウェアハウス
b. 大規模データベース
c. 汎用またはトランザクション処理
d. 問合せ専用データベース





解答 a
解説 非常に複雑な多数の問合せを実行して、大量のデータを処理するためのデータベースを作成したい場合に最適なテンプレートは、データ・ウェアハウスである。

■2.11 環境変数ORACLE_BASEの説明について、正しいものを1つ選択すること。


a. デフォルトは、Oracleホームディレクトリのサブディレクトリになる。
b. Oracleソフトウェアのインストール前に必ず設定しておかなければならない。
c. Optimal Flexible Architecture(OFA)用のOracleディレクトリ構造のベースを指定する。
d. Oracleソフトウェアを配置するディレクトリを指定する。
e. Oracleソフトウェアを新しくインストールするたびに、新しくOracleベースディレクトリを指定する必要がある。





解答 c
解説 Oracleベースディレクトリは、Oracle製品のトップレベルのディレクトリであり、Optimal Flexible Architecture(OFA)という考え方に基づいたディレクトリである。
さまざまなOracleソフトウェア製品のインストールに使用できる。同一のOracleベースディレクトリを複数のインストールに使用できます。
b.環境変数の設定は、インストール前の必須事項ではない。
d.これはORACLE_HOMEの説明である。

■2.12 DBCAを使用してできることを3つ選択すること。


a. データベースの削除
b. ソフトウェアのインストール
c. ネットワークの設定
d. シードテンプレートの作成
e. データベースオプションの構成





解答 a,d,e
解説 DBCAを使用すると、データベースの作成、データベースの削除、データベースへのオプション追加、テンプレートの管理、プラがぶるデータベースの管理を実行することができる。

あわせて読みたい