TRANCASE文について

DDL文の一つ、TRANCASE文についての説明は下記の通りである。

TRANCASE文は、表の切り捨て(全行の削除)を行います。
TRANCATE文でデータを削除すると標構造は残りますが、
ロールバックすることはできません。

TRANCASE文は、表内のすべての行データを削除することができるが、
1行だけデータ削除を行うことはできない。

あわせて読みたい