外部キー制約について

▼参照される側の表の制約
 外部キーによって、参照されている列は一意である必要がある。
 子表から参照されている列の値は、変更できない。
 外部キー制約が定義されている親表は、表の定義を変更しない限り削除できない。


▼参照する側の表の制約
 親表の外部キー列に存在する値あるいは、NULL値のみを登録することができる。

あわせて読みたい